電子の浜辺の魔法使い

同人作家の等身大ブログ

推し作品のアニメ化が発表された

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』という作品をご存じだろうか。

集英社オレンジ文庫から発行されているジュエリーミステリー?である。

 

物語は主人公の中田正義(なかた・せいぎ)がからまれている美人な外国人を助けるところから始まる。その人こそ、タイトルにもある宝石商のリチャードである。

 

小説は最高で文章力は安心感があるし、表紙のイラストだって素敵だ。

 

8月8日、唐突にアニメ化は発表された。

アニメ公式サイトも公開され、原作者のコメントも掲載されている。

 

その日はたまたまツイッターをひらいていなかったため、第一報を聞き洩らした。

が、しかし。

 

幸せ過ぎない……⁇

幸せで死んでしまうかと思ったわ、正直。

 

でもな、言いたいこともあるんや(関西ヤクザ風の口調)

 

これを見てほしい。

jeweler-richard.com

公式サイトである。まごうことなき公式。アニメ化決定と書いている。

放送時期は2020年1月。ということは、来年の1月。年明け。

公式サイトには放送時期と制作会社、最高なイラスト1枚。原作者のコメント。

 

あらすじやキャラの立ち絵はいつ公開されるんですか…!!!!??????

(正直サイトのボリュームが薄すぎてどうすればいいのかわからない)

キャラ紹介のページが出来れば、おのずと立ち絵とCVの情報が含まれるので楽しみにしてる。

あとOPとEDのアーティストとか。

 

軸となるのは中田正義とリチャードの二人だが、この二人の親戚たちはどこまで出るのか。

 

正義君のイギリス弾丸旅行が楽しみです。

 

 

 

何しろコラボカフェとの相性が良すぎる。

 

アニメ公式ツイッターはこれ↓

twitter.com

【日記】「なんでもノート」を作った話

こんにちは、宮乃諾菜(@miyano45)です。

今日は、「なんでもノート」を作った話です。

一度吹き出しを使ってみたかった。

(PCからご覧ください)

学生でも社会人でも手帳やメモ帳を使ってスケジュール管理をしたりメモをしたりしているかと思います。授業のノートとして仕事のメモとして使うなど、用途を決めていることが多いのでは。何でも書けるノートを作るととても便利だったので、書き残します。

「なんでもノート」のいいところ

何でも書いてOKなところ

名前の通り、そのノートには何を書いてもいい。アイディアメモや買い物リストやTO DOリスト、思いついた創作ネタを書いても良い。

「創作ノート」や「打ち合わせ用ノート」を作ってもいいですが、「なんでもノート」は一冊を持ち歩けば足ります。そこに自由に書いてもいいのですから。よく聞く話ですが、『創作ネタが降ってきたときのために枕元にノートとペンを置いておけ』用になんでもノートがあると心強い。私はネタが降ってきたことはないけれど。

「あのメモ、どこに書いたっけ?」がない

一冊に書いてるんだから、起こりえないです。ページをめくればどこかに書いてあります。なんでもノートが増えれば起こります。これは不可抗力だ!

私の「なんでもノート」

使用用途

  • 授業ノートとして(学生なので)
  • 博物館でのメモとして
  • 創作のネタ帳として(結構自由に書いてる)
  • 締め切りなどの重要なメモを書く

など

使っているノート

A5リングノート(エトランジェディコスタリカ)

色:ライトブルー。税込378円(本体350円)です。

100ページあるので早々なくなることがありません。たくさん書くので重宝してます。ありがとう。

secure.etrangerdicostarica.bizamazonでもありますが、価格が約二倍弱になってます。

使っている筆記具

S3(エススリー:PILOT)

色:ライトグリーン。税込324円(本体300円)です。 い つ も の。安心と信頼のシャーペン。大体筆箱に入っていて、使っています。

S3(エススリー) | 筆記具 | シャープペンシル | シャープペンシル | 製品情報 | PILOT

blen(ブレン:ZEBRA)

色:白軸/黒インク 税込162円(本体150円)です。 ボールペンです。最近探していて、ロフトで入手しました。とんでもねぇボールペンで別記事でレビュー書きたいです。死ぬほど書きやすいです。鉛筆で書いてるみたいに手元でぶれない。

www.zebra.co.jp

なんでもノートは良い文明

専用ボールペンとして買ったブレンがすさまじかったので、ノートを書くのがとても楽しいです。 現場からは以上です。

【2018年まとめ】オンデマ同人誌作成と新作準備中。

こんにちは、宮乃諾菜(@miyano45)です。

 

今年は同人活動のためにさまざまなことを開始した年になりました。Fate/GOでは馬が実装されましたね。(自分を呂布と思い込んでる)馬が。ヒヒン。

 

 

2-3月:初めてのオンデマ印刷の同人誌作成

 『アリス、村を焼く。』は初めて印刷所で刷った同人誌。

6月のCC大阪合わせでしたが、「割り増し入稿」だけは回避しようとめちゃくちゃ早くに作りました。

入稿は締め切り2日前にすましたところ、予部が二冊ついてきました。予部はついてこないと聞いてたんですがね、へへ、ありがとうございます。

 

5月:BOOTH Festival(オンライン同人誌即売会)に参加する

ウェブ同人誌即売会楽しそう!ノリで参加しました。能動的に検索しないとお気に入りを見つけられないので、1冊も買わずに終了。(サークルチェックしろ、ってだけかもしれませんね)

ちなみにピコサークルすぎて一冊も捌けませんでした。宣伝大事……。

リアルイベントの空気感ゼロ、偶然の出会いゼロでいまいちピンと来ませんでした。

 

6月:COMICCITY大阪116に参加する

『アリス、村を焼く。』の頒布日。

お釣りを用意し忘れるという失態を犯しながらも無事終了。

 

10-12月:新作Web小説の準備

プロットと資料の詰め込み。ハイファンタジーを予定しているので、世界観もとい政治体制どうなってんの案件なう。ああ、ブラダマンテちゃんかわいい。

第一話は2019年1月下旬を予定中。

 

2019年でやりたいこと

・Web小説の完結

これはぜったいにやりたいです。

連載完結するように頑張ります。

・即売会にサークル参加する

これまた楽しいので、また参加したいです!本も出したいです!

 

頑張ります!

皆様、良いお年を!

Copyright Ⓒ 2018 Dakuna Miyano All rights reserved. 本ブログの内容はすべて転載禁止です.