電子の浜辺の魔法使い

同人作家の等身大ブログ

【朝活5日目】朝の執筆タイムとお絵かきがしたい【 #Petra_Corie 】

こんにちは、宮乃諾菜です。

朝活を始めました。

理由は朝の身支度がいつもぎりぎりで大変だったから。布団の中でのんびりしたり寝坊したりして、ほぼ毎朝家を出る15~30分前に起きて大慌てしていました。

 

【関連記事】

note.mu

さて初期のモチベーションのおかげで朝5時に起きるようになりましたが、朝に何しようかな。

いまのところカモミールに水やりしかしてないぞ。ツイッターFGOはノーカン(朝活じゃないん)だぞ。

f:id:miyano45:20181114083906j:plain

魔女っぽい(魔女=ハーブを扱う)という理由だけで再び育てはじめる。前回は水やりを忘れて枯らした。

やりたいこと

 朝の執筆タイム&お絵かき

ブログ・小説の執筆!

最近ブログやnoteを更新するのが楽しくなってきたので、朝のうちに何か書けるようにしたいです。

朝に殴り書きして夕方に推敲するのがベストかなと。

完全なる趣味に時間を使いたい。

語学+αの勉強

勉強はコツコツするに限るので、朝のちょっとした時間に勉強できたらいいですね。

デザインの本でも単語帳でもなんでもOKなのだ。

読書

朝活ではもはや王道ですね。Kindle端末持って車内やカフェで読む。

己のバイブル(推し本)は家で読む。

うむ、幸せ。

だらだらしちゃう対策

のんびり屋なの

 二度寝しちゃったり布団から出られかったり、出られたとしてもさっさと身支度できなかったり......。

今まで短時間で急いで身支度してきたので「早く起きたならゆっくり準備してもいいよね」と2時間かけて準備してる......⁈ なにその今しなくていいでしょ感。後回し癖はよくないぞぅ!

おかげでやりたいことができない状況になってる。

やってみる①:家を出る時間を早くする

時間の余裕にかまけているのなら、その余裕をなくせばいいのでは?案。

ぐうたらせずに身支度ができるようになれば、元の出発時間に戻しても家で朝活ができるようになると思います。いや、なります。

やってみる②:簡単なことからする

カモミールの水やりはできているので、簡単なことを増やしていこう案。

たとえば

  • カーテンを開ける
  • 水を一杯飲む
  • 軽いストレッチをする

など。

まとめ

今月の朝活は「朝起きて活動できる状態にする」が目標です。

だらだら過ごしていたらせっかく5時に起きても意味がないですからね。

 

おしまい

プロの作家に憧れていた

私がこのTwitterアカウントを開設したのは作家志望としてだった。

四年前(2014年2月)の話である。

今はもう同人界で満足しつつやっぱり応募作品を書いてみようかとも思うが、やっぱり現状に満足してしまっている。

小学生のころから本好きで読みまくっていたが、中学生の時に読んだ「文学少女シリーズ」の影響でプロの作家にあこがれを持っていた。そのときが最高潮で、一番何も書いていなかった時期だ。

夢だけ見ていた時期にはただただ妄想するだけで、作家業のことは表面だけの情報しか知らなかったし何も書こうとしていなかった。文章力があがるわけがない。ましてやなれるわけがないのだ。

 

高校生で初めて創作らしい創作をしたと思う。

三題噺をブログで公開し始めた。大学生になった私の初同人誌(コピ本)にも収録した。

プロへの道のりはというと、芳しくなかった。

起承転結の「起」の部分だけを考えていたのだ。オチまで考えたプロットを作っていなかったのである。このときまだ作家志望で少しずつ現実を認識し始めたが、まだ8割が夢見てる状態だ。(現実認識してるとは言わないかもしれない)

時雨沢恵一氏のやたら名前の長いラノベを読んで、ストーリーのオチまで考えることを学んだ。マジかよと思うかもしれないが、それまでプロットというプロット・ちゃんとしたプロットを書いたことがなかった。プロットって聞いたことあるけど何をどういう風に書けばいいのか知らなかった。設計図がないのにかけるわけがないのだ。

 

小説でも同人活動をして本を出したら楽しいと知ってからはプロとしての夢を捨てた。プロになりたいという気持ちはそれほどなかったんだと思う。

小学生の頃の私はただ小説を読むことが楽しかったのだ。読んで楽しいものを自分でも書いてみよう、そうしたら楽しかったからもっと書こう。ただそれだけ。

たしかにプロになってたくさんの人に読んでもらうことが魅力的でないわけがない。あこがれはある。それでも私は自分の楽しいという感情を優先したのだ。

言い訳がましいとは思う。「あ、無理かも」と軽いノリで、作家になるための一歩さえ踏み出してないのだ。きちんと読んでもらえる程度の文章に校正しているけれど、アマチュアで好きなもの書き散らしているから。

 

同人誌で大切なのは情熱(パッション)だとよく聞く。

情熱があれば、気に入らないところをより良くしていく。

情熱があれば、締め切りまでに気合で仕上げる。そしてイベントに行く。

私の場合はただの欲望で動いている。ふわっとした感覚で文字を綴っている。「こんな話を書きたい!!!」ではなく、「こんな話があったらいいな」くらいの差。

 

私は今新作の準備をしている。Web小説だ。

このままふわっとした感覚で、完結するのか怪しい。もしかしたら途中で放り投げるかもしれない。書きあげたらほめてあげたい。ふわっとした感覚をすべて文字に変えることは今までできていないことだから。

ふわっとした感覚で小説を書き続けられたら、とても楽しい。

Twitter垢開設当時のフォロワーはもうほとんどいないが、それでいいんだ。

イベントのアフターは大体焼肉ってイメージ(偏見)

f:id:miyano45:20181006132612p:plain


今週のお題「最近おいしかったもの」

今日はおはぎを食べました。おいしかったです。

 

こんにちは、宮乃諾菜(@miyano45)です。

コミケ文学フリマ同人誌即売会で盛り上がったあとは仲の良い人でアフターに行く。

その代表格が「焼肉」✨

典型的な即売会マンガ(フィクション)で焼肉へ行く展開はもうお決まりでは?(偏見)

 

即売会にいままでボッチ参加かつオフで仲いい人たちなんていない(悲しい)宮乃さんは一人で焼肉行くこともなく家へ直帰。

一度でいいから、アフターに参加して焼肉食べたい!わいわいしたい!

あ、焼き鳥でもいいな。鳥貴族...

 

なんなら即売会に参加するようなオタクたちが集まる焼肉店とかあってもいい。

公序良俗に反する話をせずブツを出さなければ、周りを気にせずオタク話ができる・即売会話ができる焼肉店

最高じゃない?

設備は基本的に個室で、荷物を置くスペースが十分あったらいいね。

(言うだけならタダなので、突っ込みなしでお願いします)

そして店長は即売会の情報通?だとか…

夢がある。ええ(にっこり)

 

今のところ近々同人誌即売会に参加する予定はありませんが、年内に新作WEB小説の発表をする予定です。

宮乃諾菜でした。

 

〇同人誌『アリス、村を焼く。』頒布中です

 

miyano45.booth.pm

 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

Copyright Ⓒ 2018 Dakuna Miyano All rights reserved. 本ブログの内容はすべて転載禁止です.