電子の浜辺の魔法使い

同人作家の等身大ブログ

好きな作家について

 

お題「好きな作家」

 

雷は特に怖くありませんが、突然音が鳴るとびっくりします。

宮乃諾菜です。

今日は好きな作家についてです。 

好きな作家の基準とは…?

基準というより指標? 作家が書く作品の傾向と文体や言い回しの好みが合致したとき、私にとってその方は好きな作家になります。

作品の傾向

「バディもの」であったり「ファンタジー」であったり、「この作家さんと言えば」といえる要素。

文体や言い回し

これはとても大事だと思います。漫画家やイラストレーターでいうところの絵柄。言葉選びや文章の上手さは一晩で習得できるものではないし、自分でも小説を書いていて「プロってマジですごい」のだなと思える要素です。

好きな作家(敬称略・五十音順)

上橋菜穂子

精霊の守り人』(守り人シリーズ)『精霊の木』

私という本好きを生み出した運命の本がこちら、『精霊の木』。

辻村七子

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』

 バディもの。宝石好きで友情が好きな人にオススメ。

 

Copyright Ⓒ 2018 Dakuna Miyano All rights reserved. 本ブログの内容はすべて転載禁止です.